縄の復元

川崎ロープは牛のおい綱(面綱)・連尺を始め古くから伝わる縄の加工品から始まり、様々な縄の加工を扱い83年目。


現在では京都の祇園祭をはじめとする日本全国のお祭り・神事への納品の実績があり、

それぞれのご要望に合わせた加工をご提案しております。


ご依頼のあったお客様からは、過去に依頼していた職人さんの高齢化や廃業により

依頼先が少なくなりお困りの声が多数ありました。


川崎ロープでは古くから使用されている縄の復元を行っております。

過去の実績からお使いのものに適した縄をご提案いたします。


長年使用されボロボロになった曳き綱




新しく復元を行いました。

金具も合わせて新しくいたしました。


用途:山車 曳き綱

素材:極上麻 (濃紺染) 径38mm×6m

末端加工 一端:生まれツボ 太さ約20mm 折径約200mm

​末端加工 逆端:テーパー加工