Q&A

縄の末端処理

末端の処理は下記の方法があります。

左右の末端の処理を指定される場合、ご注文時にお伝え下さい。

​アイスプライス

アイスプライスで末端を処理します。​輪となる直径をお伝え下さい。シンブルを取り付けることも可能です。

※三つ打ちロープのみ可

​バックスプライス

バックスプライスで末端を処理します。

※三つ打ちロープのみ可

​ウォールノット

ウォールノットで末端をしょりします。

※三つ打ちロープのみ可

​クラウンノット

クラウンノットで末端を処理します。

※三つ打ちロープのみ可

​テープ止め

ビニールテープで止め真ん中を切ります。

​一般的な末端処理方法です。

​溶断

熱で紐を溶かして末端を処理します。

​※綿ロープは溶けない為溶断は不可

短い長さでも販売できますか?

1m以下でも可能ですが、短くカットすると撚りが戻り±5~10cm程変わる可能性があります。

ランバーロープとマニラロープの違いは?

マニラの風合いを残しつつ強度や手触りを改善させたのがランバーロープ。管理もマニラに比べると扱いやすくなっています。  写真右

その他・特徴

昔から使われている素材、綱引といえばマニラロープと言ったイメージが強い。ただし天然素材の為、取扱に注意が必要。    ※写真左

​綱引きの長さはどうやって決めるの?


長さの目安

およその最低必要長さは
  

一人当たり0.5m × 参加人数+α(約10m)

40名の綱引きの場合(ロープ長さ30m)下図のような配置が一般的だと思われます。

​何人まで使用してもいいの? 太さで何がかわるの?

太さにより耐久性が異なります。下記の最大人数を参考にしてください。

こちらの人数は使用頻度、環境により劣化していきます。余裕をもってお考えください。

​あくまでも目安としてご参考ください。

​綱引連盟公式使用とは?

公式競技用に指定された太さ、長さでセンターマーク、ホワイトマーク、ブルーマーク、イエローマークが施された仕様の綱引縄。